少人数でのあみもの教室をやっております。岡山、関西、時々東北にも出張してます。

一本針で編んだスヌード・再び。

ワタクシもモノを創る人間の端くれ。

手作りプレゼントをくださった方には、
こちらも手作りでお返しするのが礼儀というもの。

ふふ。
これぞサムライ魂。

(スイマセン…ちょっと硬派を気取ってみたかっただけです…)


というわけで。

ワタクシの人生の節目節目にケーキを焼いて送ってくれる友人に、
スヌードを編んでみましたー。
 
一本針ワークショップで習った技法で、
糸の色はその友人のイメージに合わせて。

これです。
  
 

ふう。クリスマスに間に合ってよかったです。

気に入ってもらえるといいなぁ。

魔法の一本針で編んだスヌード

ワタクシ、どうもマニアックな針が好きでして。

そもそもあみものにハマったきっかけが、アフガン編み。
 (ええ、ええ。棒針やかぎ針と比べると、知名度の低い、知る人ぞ知る編み方です…)

で。
 
以前から耳にして、マニア心をくすぐられてたのが、

魔法の一本針

でございました。


(これがその針。
「魔法の」という枕言葉がついてる割にはちゃちあっさりしてます)


初めてこの針を見たときは
「なんじゃこりゃ!?」って思いました。

プラスチック製のかぎ針の端っこに穴が空いてまして、
そこに靴紐のようなコードを通して使うんだそうです。

すると、当然疑問がわきますわな。

これでどうやって編むんだろう…

と。

聞くところによると、

この針一本で棒針、かぎ針、アフガン編みが自由自在に編める

とのこと。

うほ。まじで?
こんなちゃちあっさりした風貌なのに?

興味は深まるばかりです。
 

で、ですね。

ついに念願叶って、先日、体験会に参加してきましたー!

この日の課題はマフラー。

 
(Extriの「雅」という段染め毛糸を使用)

マニアックな針だけに、編むのが難しいかと思いきや、
めっちゃ簡単でしたー!

針に糸をかけて引き抜くことができれば
誰だって編めると思います。

それもそのはず。

これを発明なさった高雄清子さんが
障害のある方でも簡単に編めるように、と
考案された針なんだそうです。

なんとユニバーサルな!
 
しかも、編んでて愉しい。
どんどん編みたくなるんですよ。

あ、これが「魔法」なのかー!?
 
 

そんなわけで、帰宅しても家事そっちのけで編み続け、
あっという間に完成しましたー。

 
(毛糸1玉でできます)

で。
編み始めと編み終わりのラインをとじてスヌードにしてみました。

 
(これは二重巻き☆)
 
とても軽くて、あったかいです。

しかも独特の段染め糸なので、
ワタクシでもオサレ上級者に見えます(←ホンマか)。


しかし。

こんなに簡単で編みやすい針なのに、
知名度が低いのが不思議です。
 
(アメリカでは「Knook」(ヌック)と呼ばれ、
愛好者も結構いらっしゃるそうです。
Walmartに普通に売られてる、という情報アリ)

初心者さんにもめっちゃオススメですよ。

こういう針からあみものに慣れてもらって、
かぎ針とか棒針に入ってもいいかも、と思います。

ま、この針一本あれば
棒針、かぎ針問わずあらゆる技法が編めるんですけどね。


この「魔法の一本針」を体験してみたい方がいらっしゃいましたら、
喜んでレッスンいたします!

プライベートレッスンのご案内はこちら

もちろんこのスヌードのオーダーも承りますわん。
お問い合わせ&お申込みはこちら。
slowknitclub@gmail.com


これでウエアも編んでみたいなぁ。